ありがたい

タイミングよく土日となり お陰で体調は回復 明日から頑張れる さあ、これからだ

天の助けの土日

点滴、抗生剤を投与し悪化を防ぐ 白血球は3倍以上のすごい数字になっていた 体が戦っている あとは寝るだけ すぐに土日の休みがあったこと 天の助け 57歳、想定外ばかり

気合いを入れ直す

新しい仕事に就いて二日が過ぎ 最初に土日 お休みである 体調不良は依然続き、昨日夕刻には再び点滴 開幕に合わせコンディションを整えること 当たり前のことができていない 今日明日、整えて来週は万全の態勢で取り組みたい 57歳 頭のイメージとリアルのズレ…

次なる人生のステージ

昨日、久しぶりに仕事に就いた ご縁に感謝である 結局、体調は悪いまま 微熱状態で出社 いきない迷惑をかけないようにしないと なれるまで気は抜けない

熱よ下がれ

発熱からもう5日 点滴を打った時は一時的に良くなったが 熱がぶり返す 身体はしんどい 明日から念願の新しい仕事 体調を整え、向かわなければ

熱が引かない

一山超えても なかなかスムースにいかない 最低あと二日で治さないと ご縁を台無しにしてはいけない

寝込んでしまう

もう丸3日、高熱が続く 調べてみたら幸いインフルではなかった 疲れからきた扁桃腺炎 6/1からに備える休養なのか ずっと寝ているが、そろそろ準備しなければ 57歳.回復力が落ちている

気が抜けたのか

発熱である。38.7 ほっとしたのであろう インフルでないことを願って 今日も明日も病院へ 恐ろしかった週末から解放された途端に休養

ハローワークでおめでとうございます

ハローワークへ内定の報告へ行くと カウンターで 「おめでとうございます。」の声 小っ恥ずかしい 周りの空気から浮いていた 「登録カードは二年間、全国のハローワークで利用できます。」 確かにいつ何が起きるかわからない 拠り所となってもらえたが、馴染…

しかし、なんだったのだろうか

決まらない時は決まらない 決まる時は決まる しかし、ネットの転職サイトは 57歳には難しいかもしれない やはり30代までがメインだ 結局、ハローワークでコツコツ頑張るしかない webの表面だけでは57歳ではじかれる 反対側だったら自分でもそうするだろう

ご縁をいただく

ここに独り言を書き始め 2週間足らずで 再就職、ご縁をいただけた ありがたい 57歳、再就活をはじめて3カ月 こんなに苦戦するとは思わなかった 3月にはじめれば4月からどこかへ決まるだろうと 軽く考えていたが 世の中、簡単ではなかった 57歳の雇用は思って…

明日にかけよう

どうなるかわからないが 今日はもうハローワークに行くのはやめよう 明日にかけよう 縁があるかどうかだ

明日、二度目の面接

先週面接に行った所へ 明日、二度目の面接に 57歳 ありのまま、話するだけ 互いに引き寄せられれば 縁が生まれる

失意泰然 得意淡然

週末、履歴書を送っていた会社から不採用の通知が届いていた 寂しいくらいの字で宛名が書かれていたので 開封するまでもなく、想像通り内容であった 失意泰然 必ずつながる そして 得意淡然 と、いきたい

コントロールが大切な週末

堂々巡りをしないように、 あえてやることを増やしていく 動いていることで 悪循環を断ち切る

連絡がない

次を探すにも探せない 耐える、平常心 見た目は落ち着いていても、心は、、、 また週末だ しんどい。

何もなし

1日何もなし 仕事のために暮らしがあるのではない 暮らしのために仕事がある どんな状況であれ 心豊かな暮らしができること

今日も何もない

また次の応募がよぎる 業種は一つではない なかなか頭がきりかわらない なんでもできそうに感じる時と 何もできそうにないと思う時 気合いと落ち込みのウェーブ だんだんと波長が下よりにおおきくなる 明日だ明日

考える

昨日の面接を受けて これまでと違った気持ちになっている 決まったわけでもないのに 全ては心の中にある

不思議な面接

小さな組織であるが 堅実な法人 代表と一対一の面接 さながら、会社説明と経歴の共通言語見つけの時間 意見交換 最後は、互いが納得し、相思相愛となれるようであれば、、、と 不思議な面接だった さて、どうなるか

面接へ

この後、一つ面接に呼ばれる 全く未経験業種 経験してきたことは少し被っている 過去2回面接に呼んでいただいたが 57歳への情けのような空気も まあ、それが現実でる 作って何かうまくいくものでもない 謙虚に誠実に面談することのみ

焦るな

webでのエントリーはことごとくNG このまま見ていると、掃除、警備にたどり着く それも立派な仕事であるが これまで経験してきたことを 社会で活かしたい 平常心

静かな戦い

今週も自分との戦いが始まった 5月も半ば 焦るな 機は必ず来る 平常心 弱気は最大の敵

出口を見つけたい

出口を見つけたい 自力で タイムアウトにならないように 心の中は大変だけど どっしりと構え、見出したい 笑いたい

沈思黙考

今まで気にならなかった四文字熟語が 目に入る そして、 妙に納得。 この言葉が生まれた頃と今は全く違う こうしたwebツールに書き込むことも 沈思黙考と言えないかもしれない ストイックすぎるのは却ってしんどくなる 今の時代環境の中で乗り越える

週末考えない

考えない、考えない 気合いも入れない ありがとうを 繰り返そう

不思議なもので

こうした浪人暮らしが長くなると 政治、経済の動向がうっとうしくなる 初め頃は試合感覚を忘れぬように ニュースをよく見ていたが 今は殆ど見ない 乗り遅れているような気がしてくる テレビは元々見ないほうだったが 一層見なくなった 唯一、気になったのは…

心の調整

今が大切

現実

ハローワークでの検索は複雑な気持ちになる 画面デスクは、中高年男性、若者、一般女性とできる限り分けて配置される 両隣はもちろん中高年男性 どうしてもくたびれているように見える ここに出て来る仕事には限りがあるが なんでもいいから再就職を目指すに…

悪いスイッチ

気持ちか空回りすると ふっとした瞬間に 悪いスイッチが入りかける 反吐がでそうになる 自分の中に答えはあるのに 他人のせいにしようとする 追い込まれる ダメダメ

週末、来るのが早い

再就活を始めて早2ヶ月半 早い 今日もハローワークへ 周りの中高年者は、どんな思いなのだろうか 週末は本当にしんどい 家で言葉がなくなる 昨日郵送した応募書類 今日届くだろうか 来週始め、連絡がありますように

57歳 志望動機 抱負

もちろん、再就職したいのだから 志望動機、仕事に対する抱負はある あらためて考えてみると 手前勝手長年言い分になる 採用する側は、中高年者の再雇用慈善事業ではない なんとなく来られては、たまったもんじゃない 反対の立場だと、ワクワクしたいのだか…

平常心

一人の仕事が決まろうが、決まるまいが 世の中は何にも関係ない 思ってみてもしょうがない エントリーして、待つしかない 57歳、いいこといっぱいある 平常心

思い出す

弱気は最大の敵

履歴書3通送付

やってきたことをそのままできるとは思わない ただ何もひっかからないと、全否定をされているように思ってしまう 興味を持ってもらう前に、57歳の年齢で入り口で終わるような感じすらしてしまう 今からが仕上げの段階 必ず活かせる

しんどい中に

確かにしんどい。 悪いほうに考えてしまう。 しかし、 こんなに人生を考える時間を与えられたこと ありがたい 走っていたら見えない景色が見える 職探し、次に繋がることばかり考えて選ぶ つながる、つなげる

本日も4社へ履歴書

何度も自動撮影機で証明写真を撮る。 こうも決まらないと、自信が揺らぐ。

言葉がよぎる

ある方の言葉がよぎる いまの立場も年収も人間関係も、全部自分が仕込んだ結果。どう悔やんでも必然の姿である。やってきた分だけ。動いてきた分だけ。失敗でも何でもない。結果である。 歩いてるのは、残念ながら我が道である。舗装された道ばかりを歩いて…

57歳再就活3カ月目

エントリー25社 書類審査10 web審査12 面接審査2回 小論文審査1回 決まらず